アイブロウスティックの使い方

EYES

アイブロウスティックの使い方

2018.09.13

アイブロウペンシル1本で意思を表す
眉の雰囲気を変えて理想の顔印象に

顔の額縁、表情の柱、などと言われる眉。薄い眉をやや濃くするだけで、あるいは下がった眉尻を自然に整えるだけで、まなざしが冴えてくる。目もとに力が宿ると、表情全体もより意思を感じさせるものになる。アイブロウペンシルを使っての眉のニュアンスチェンジは、ごく自然でありながら、効果的に理想の顔印象へと近づけてくれる。

表情を鮮明に引き締める
テクニックいらずのアイブロウペンシル

ポイントは、太くも細くも描けるしずく型の芯。眉を凛々しく引き締める、自然な印象に仕上げるなど、目もとの印象を簡単にコントロール可能。眉の色や髪の色に合わせて、あるいは肌や瞳の色とコーディネートして楽しめるカラーバリエーション。パウダーのように柔らかく自然に色づき、ひげの足りない部分を足すなど、ひげのスタイルを整えたい時にも使うことができる。


STEP1
色の選び方

カラーバリエーションは、明るいキャラメルブラウンからグレイッシュブラウンまで、多彩な全5色。薄く淡い眉を、さりげなくはっきりさせたい時は01や02。濃く力強い眉の一部だけを描き足したい時は03、04、05が自然に決まる。色は左から01、02、03、04、05。

 

STEP2
スクリューブラシで毛流れを整える

ペンシルと反対側のキャップを外し、スクリューブラシで眉全体の毛流れを整える。眉頭は下から上へ、眉頭から眉山までは下から斜め上へ、眉山から眉尻にかけては横に引き抜くようにブラシを動かす。毛流れを整えることで、眉毛の密度の濃い部分や薄い部分、きちんと描くべき場所がわかりやすくなる。

 

STEP3
キャップを外し2mm出す
色づきの強弱は持つ場所で調整

キャップを外し、2mmほど芯を繰り出す。スティックは鉛筆と同じように持ち、ゆっくり力を抜きながら描く。眉が薄めでしっかり描きたい場合は、スティックの中央あたりを持つ。眉が濃いめで足りない部分のみ軽く埋めたい場合は、スティックの中央よりやや離れたところを持つ。

 

STEP4
はじめに眉の中央から眉山まで
眉毛の間を埋めるように描く

スティックの芯を最初に置くのは、眉の中央。まずは、眉の中央から眉山へ向かって、眉毛の間を埋めるように下から斜め上へと小さく動かしながら描いていく。

 

STEP5
毛流れに合わせながら
眉山から眉尻までを描く

眉山から眉尻にかけては、毛の密度や毛流れが人それぞれで異なる。鏡にやや近づき、毛流れや毛の薄さが目立つ部分を見極めてから、STEP4と同じように眉毛の間を埋めるように描く。眉毛が欠けているように見える部分は、スティックをやや立たせて芯のエッジを使って描くと、眉尻が自然に決まりやすい。

 

STEP6
眉頭は軽く色づけるように描く

眉頭は濃く描いてしまうと不自然さが目立ちやすい部分。一度、鏡からやや離れて眉頭の濃さを観察し、軽い力加減でペンシルを下から上へ動かして描く。少しだけ濃くしたい場合には、スティックをやや寝かせて動かすとふんわりと色づけられる。

 

STEP7
スクリューブラシでぼかして整える

最後にスクリューブラシで描いた部分をぼかす。力を入れ過ぎずに、ブラシを左右に小さく動かすと眉色のトーンが簡単に整う。最後に、STEP1と同様に眉頭→眉山→眉尻と、毛流れに沿って軽くブラッシング。色みをなじませながら立体感も整えて精悍な仕上がりに。

Other HOW TO USE